なにさま?!ミーハーズ


2007夏ドラ『パパとムスメの7日間』

気付けば明日は最終回。今期、一番ハマッてるのはこのドラマだと確信を得たところだったのですが・・・(遅い?)。ただひとつ気になるのは、タイトルの「7日間」。最初は単純に入れ替わってる日数が7日間なんだろうと思っていたのですが、ふと気になってさっき公式サイトであらすじチェックしてみました。明日のあらすじの冒頭、「入れ替わってはや10日」と書いてありました。7日間じゃないじゃん!もしかしてストーリーに関係なく、7話完結だから放送日数が7日間って意味ですか・・・。どんなタイトルの意味だ(笑)

と、粗探しはさておき。



 最初に書いた通り、今期の中で一番楽しんでます。実はベタな展開のドラマも好きだったりして、日曜劇場枠のほのぼの家族物は見ることが多い。ここのところ日曜劇場でヒットがなかったのであまり期待してなかったけれど、この作品は面白い!そもそも、山中恒の『おれがあいつであいつがおれで』以来、入れ替わり物が好きなのですが。父親と年頃の娘が入れ替わる設定、私は初めてだけど、もしかしたら今まで見た中で一番いい設定かも。お父さんのことキライなお年頃だけど何があっても協力し合わなきゃならないし、普通の親子関係よりも親密になっていく感じとか、そのあたりの機微が幼馴染の男女の入れ替わりやおばさんと女子高生の入れ替わりより幅が広い気がする。家族だからこそのヒミツとかもあるわけだし。
 異性同士の入れ替わり物の場合、男性のキャスティングが成功のキモだと思う。女性が男性を演じるより男性が女性を演じる方が繊細な演技が必要という気がするから。大林宣彦監督の『転校生』も、一美役(一男役か?)の小林聡美ももちろんすごくよかったけど、一男役?一美役?が尾美としのりだったからおかまっぽい芝居じゃなくて「実は女の子」って雰囲気がよく出てた。あの頃から「入れ替わりのキモは男!」と言い切ってました(子供の頃から何様?)。
 今回、舘ひろしを見直しました。芝居がうまい俳優というより、ザ・舘ひろしでかっこいいんだろうなって思ってきたんだけど、この作品での女子高生ぶり、お見事です。かわいいんだもん、妙に。このドラマの面白さの半分は舘ひろしの力かも、と思っちゃうくらい。王様のブランチで毎週撮影現場からのリポートがあるけど、素の舘さんは今までのイメージどおり渋いのにね。キャスティングを決めた人の審美眼もすごい。ガッキーもがんばってるね!おじさんらしく、膝を開いて座る姿がかわいい(笑)。

 ストーリーに関してはもう予想通り父と娘がどんどん理解と信頼を深めていて、その破綻のなさが単純に楽しめるポイントだったりもする。小梅が有能すぎるけど。会社でバッチリじゃん。いつ社会に出ても大丈夫!(笑)。
 佐田真弓扮する西野さんがちょっと勘違い女で恐いけど。小梅パパの言動の何をどう受け止めたら、スーツのポケットにピアス忍ばせたり家に乗り込んで奥さんと対決しちゃおうとかって決意できちゃうんだろ?小梅もパパも心当たりないけど、見てても全然わかんない。好きになるきっかけがあったっていうのはわかるけど、既成事実もなく家に乗り込めるものかな。謎です。あと、健太先輩、あんまりかっこよくない・・・(笑)

 明日で終わってしまうのが残念!でもまあきっと大団円で終わるんだろうけどね。最終回でがっかりしませんように・・・(直前まで面白かったのに最終回でがっかりな作品が結構多い)。それにしても7話完結ってかなりコンパクトだ・・・。
[PR]
by yu-er_911count | 2007-08-19 02:15 | ドラマ

<< 2007夏『パパとムスメの7日...      2007夏ドラ『ホタルノヒカリ』 >>

「なにさま?」とは「ドラマや映画などについて熱くなるあまり、いかにもえらそうに、あるいはプロデューサー気取りで語ってしまう」おバカなことである!ネタバレご容赦!
by yu-er_911count
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31