なにさま?!ミーハーズ


金曜ドラマ『クロサギ』



 先週分をようやく消化。初回にいたってはプロ野球シーズンオフまで気をつけなくてはいけない野球中継の罠に見事にはまり、大ラス3分を見られなかったのだけど、多分、今シーズンでこれに一番ハマるのかも。



 山下智扮する黒崎またの名をクロサギ。若いながらも詐欺師に詐欺する詐欺師。詐欺にあった父親がやるしかなかった一家心中から唯一の生き残りで、それ故にクロサギをやっている青年が主人公。当然、毎回詐欺師たちを騙していくという展開。クロサギの黒幕に山崎努、その秘書的存在に奥貫薫(前クールの『百夜行』では騙される側だったのに)。初回のクライアントの姪が堀北真希ちゃん。正義感の塊で、黒崎のやり方をどうしても認められないという法学部の女子大生。そしてクロサギを追う刑事に哀川翔(メガネがいい味出してます)。これもここ数年お決まりの漫画が原作ですが、青年誌を読まなくなって久しいので読んでません。山下君と真希ちゃんの共演も『野ブタ。を、プロデュース』を思い出してしまいそうですが、1話たりとも見ていないので気にならずにすみそうです(笑)
 私、逆説的勧善懲悪が昔から好きなんですね。悪者の悲哀に惹かれてしまうというか、現実の犯罪に関しては「理由があるからやっていいってことにならん」と思うのですが、虚構においては別になってしまうみたいで。社会的に正しいことが人に優しいかといえば必ずしもそうでなかったりもするし、正義や正論を持ち出されれば返す言葉はないのだけれど本当にそれでいいのか?ということも実は多い。正論には勝てないけど、正論が人を追い詰める一面を持っていることも理解していないとその正義は危険物だと思うこともあります。故に、せめて虚構の世界でなら筋が通った悪いことならそれもアリかな、と・・・。なので『クロサギ』はストライクゾーンです。
 2回目のターゲットは黒崎の高校時代の唯一の友達でした。直接的には彼の姉がターゲットなのですが、姉弟で結婚詐欺師をやっていて、真希ちゃんの友達が彼のターゲットだったというおまけつき。一瞬は悩むものの、黒崎は唯一の友達さえも「喰って」しまう。友達ということを除外の理由にせず、社会的には間違ってるかもしれないけど、信念を貫く黒崎君にほろっとしてしまった。彼の本当の敵にたどり着くこと、哀川刑事との攻防戦が今後の大きな行く末だと思いますが、信念を貫いてほしいです・・・(誰、ワタシ)。それに初回・2回と女詐欺師がターゲットでしたが、杉田かおると小沢真珠って悪いことしそうな顔してて、いいキャスティングだ~。真希ちゃんの親友役の市川由衣も悪いことできそうな顔してますけど(失礼)
 あとねー、主題歌がいいね!『抱いてセニョリータ』。ダサかっこいい!古臭くていいわーーー。80年代の匂いがする!(笑)
 それにしても、山崎努、老けましたね・・・。シルエット的には昔からあんな感じなような気もしますし、当然役作りだろうとも思うのですが、しっかりおじいさんみたい。ま、かなり悪いおじいさんですけど(笑)
[PR]
by yu-er_911count | 2006-04-28 02:31 | ドラマ

<< 久々の更新です      月ドラ(『トップキャスター』) >>

「なにさま?」とは「ドラマや映画などについて熱くなるあまり、いかにもえらそうに、あるいはプロデューサー気取りで語ってしまう」おバカなことである!ネタバレご容赦!
by yu-er_911count
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31